はじめての方へ

- ホームページへはじめて来られた方へ当相談室をご紹介しています -

当相談所の特徴

神戸を拠点に活動しています

神戸こども心理相談室は、兵庫県神戸市を中心にカウンセリング活動を行っております。

地域に密着した安心できる相談室を目指しています。

学校・育児問題でお悩みの児童、親御さん向けの相談室です

神戸こども心理相談室は、学校問題でお悩みの児童やそのご家族へのカウンセリングを主におこなっております。

不登校やいじめの他、学校生活におけるさまざまなお悩みやご相談に対応させて頂きます。

カウンセラーは長年現場で直に問題と向かい合ってきた元教員です

当相談所のカウンセラーは36年間にわたり中学校教員を勤めました。

教師という立場で、多くの子供たちと1番近くでふれあい、ぶつかりあう日々を長年過ごしてきました。

そして、不登校やいじめなどの問題や、それぞれの児童の学校や家庭における悩みに向き合ってきました。

現場を知っているからこそ、学校生活でのお悩みを持たれるご家族の問題解決にお役に立てると考えております。

臨床心理士資格を取得した専門家が対応いたします

当相談所のカウンセラーは臨床心理資格を所有している専門家です。

大学院にて臨床心理学を修学し、様々な心理論理に基づいたカウンセリングを行っています。

ご挨拶

相談室開設への思い

此の度、神戸こども心理商談室を開設いたしました。

36年間の教員生活を通して、子どもたちの不登校、いじめ、学校不適応、発達障害などの問題が、年々増加、深刻化していることに強い危機感を感じています。

特に、不登校で「学校に行きたくても行けない」子どもたちが、自分を責め、苦しみ、悩んでいる姿に、親として、教師として、大人として、何も手助けできないことが悔しくてなりません。

誰もが普通に行っている学校に、我が子が突然行けなくなった時の親の狼狽は、どんなに立派な教育者や学者であっても同じです。

多くの不登校生との関わりから、その時の小さな優しさや配慮、共感的理解、視点の変化等が、子ども自身にも、親にも小さな光明を与えるものであることを知りました。

学校に行かなくても良いという選択肢も存在する。そう気づいたことで、のしかかっていた大きな負担を払いのけることができた親子もいます。

多様化の時代、目的に至る道は様々に存在します。回り道に見えたルートが最短距離になった人もいます。スモールステップを踏んで、徐々に学校に行けるようになった事例もあります。少なくとも、不要な重圧からは解き放って行くことを第1とするケースもあるでしょう。

本相談室では、教育分野に於ける臨床心理相談や教育相談を中心にしたカウンセリングを実施します。お気軽にお訪ねください。

尚、カウンセリングには事前の予約が必要です。メールもしくはお電話でご連絡ください。詳しくは、該当ページをご覧下さい。

室長・カウンセラー

室長・カウンセラー臨床心理士吉田純一

吉田 純一(臨床心理士)

ページトップへ