お悩み

- 学校生活でおこりうるさまざまなお悩みについてご相談に応じます -

不登校のお悩み

不登校のカウンセリング

子どもから「学校に行けない」と告げられたら、どうしますか?

それは突然のように見えても、必ず何らかの兆候を示していたはずです。

「行けない」と口にした時は、子どもの心の中では、一つの沸点を超えているのかも知れません。

いじめのお悩み

いじめのカウンセリング

子どもがいじめに遭っていると思われたら放置してはなりません。

自然に解決することもあるかもしれませんが、多くは深刻な問題に発展しています。

クラスで起きていることであっても、一人の担任の力ではなく、学校全体で取り組むことが必要です。

学校不適応のお悩み

学校不適応のカウンセリング

友達関係でトラブルが多い、落ち着きがない、学習意欲がない、こだわりが強い等の様々な特徴を示しながら、学校生活がうまく行っていないと思われることがありますか。

もしそれらが発達障害によるものであれば、適切な支援が必要です。

子どもの周囲の環境を整えてあげるだけでも変化することもあるかも知れません。

発達障害のお悩み

発達障害のカウンセリング

計算が苦手、漢字が覚えられない、英語が分からない等、他の学習に比べて、特定の教科や分野を著しく不得手にしている場合は、発達障害が疑われます。

発達障害がある場合は、機器等を活用する方が良い場合もあり、得意とする分野を伸ばしてあげることが自信となるケースも多くあります。

ページトップへ