お悩み

- 学校不適応のお悩みについて -

学校不適応のお悩み

学校不適応のお悩み

友達関係でトラブルが多い、落ち着きがない、学習意欲がない、こだわりが強い等の様々な特徴を示しながら、学校生活がうまく行っていないと思われることがありますか。

もしそれらが発達障害によるものであれば、適切な支援が必要です。

子どもの周囲の環境を整えてあげるだけでも変化することもあるかも知れません。

学校は、様々な考え方や価値観が存在する“社会”です。

その為、我慢しなければならない時も、守らなければならないルールもあります。

このことに上手く適応できないとき、学校不適応が生じます。何に不適応を起こしているのかを、見極めることが大切です。

そして、その原因が分かれば、本人が生き辛さを感じている事柄に、適切なサポートの手を差し伸べることが必要です。

学校不適応とは?

集団に適応することが難しい状況にあること。不登校にはいたらずとも、学校を休みがちであったり、登校を嫌がる状況が見られる状態であるといえます。

学校不適応の原因は?

不登校や心身を傷つけるには至らないまでも、本人を追い詰めるいじめが原因である場合も多いと思われます。友人関係のトラブル、けんか、学習の遅れ、進路に対する不安、部活動、学校行事、叱られたこと等、その原因は様々です。

学校不適応にどう向き合うのか?

日々の学習や学校生活、友達関係に価値が見いだせず、意欲がもてない状況は、学校不適応にあると考えられます。しかし、それでも学校に通おうとしているのなら、大いに励まし称えなくてはなりません。  体調を崩したり、しんどいと訴えたときは、無理をさせずに休養させることも必要です。子どもの気持ちに寄り添い共感することが最大の支援と考えます。

SSTのすすめ

SSTとは、Social Skills Training(ソーシャル スキル トレーニング)の略です。 人間関係のもちかたに苦手意識があるなら、SSTを通して、あいさつの仕方、仲間に加わるきっかけ作り、断り方等のスキルを学びます。  ゲームをするような感覚で、楽しく体験を通して、スキルを身につけていきます。幼児や児童向けのプログラムはたくさんあります。生徒や青年、大人にも応用することができます。

学校・家庭・支援機関との連携

お子さんに学校不適応がみられる時は、その原因を知り対応することが望まれます。そのためには、家庭での子どもとの関わりを密にすると伴に、学校での様子を把握することが必要です。担任の先生や養護の先生、スクールカウンセラーとの情報の共有も大切です。時には、外部の支援機関と相談をしながら、対応を検討します。  お子さんに発達障害(自閉症スペクトラムや学習障害など)が見られる場合であっても、「周囲からの理解と適切なサポートによって、ライフステージのどの時点にあっても改善への道は見つかるでしょう。」(厚労省)  どのような支援が必要であるのか、具体的な学校生活や学習場面を想定して考えたいと思います。

ページトップへ