お悩み

- 学校不登校のお悩みについて -

学校不登校のお悩み

学校不登校のお悩み

子どもから「学校に行けない」と告げられたら、どうしますか?

それは突然のように見えても、必ず何らかの兆候を示していたはずです。

「行けない」と口にした時は、子どもの心の中では、一つの沸点を超えているのかも知れません。

不登校になったのは、決して本人の弱さでもなく、保護者の責任でもありません。

不登校は、傷ついた心を懸命に癒している貴重な時間でもあります。カウンセリングでは、その時間を少しでも、本人・ご家族にとって有意義に過ごすためにどうすれば良いかを一緒に考えたいと思います。

不登校とは?

文部科学省は、「何らかの心理的,情緒的,身体的あるいは社会的要因・背景により 登校しない,あるいはしたくともできない状況にある者。 ただし、病気や経済的な理由による者を除く。」 に該当し、年間30日以上欠席した児童生徒を、「不登校」としてとらています。

不登校となった児童生徒数は?

そして、平成22年度(2010年度)の国・公・私立の小・中学校における不登校児童生徒数は、114,971人(小学校:21,675人,在籍比0.32%、中学校:93,296人、在籍比2.74%)で、前年度に比べ約7,000人減少していますが、出現率をみると小学校は横ばい、中学校は微減にとどまり、楽観できる状況にはありません。高校生に関しては、不登校生徒数が53,084人で、前年度より1,300人増加し、出現率も1.66%(前年度1.55%)と上昇傾向にあります、と伝えています。小学生では、 312人に1人、中学校では36人に1人の出現率となり、中学生では,おおよそ小学生の9倍となっています。

不登校の原因は何?

不登校の原因は、文科省調査によると「本人にかかわる問題」「いじめを除く友人関係」「学業の不振」 が小・中・高を通して高い傾向にあります。小学校においてはとくに 「親子関係をめぐる問題」 「家庭生活の急激な変化」 など家庭状況要因が高い割合を示しています。

しかし、不登校になった原因が上記の出来事であったとしても、それが解決されれば登校できる訳ではありません。また新たな原因が子どもたちの心の中に生まれ、不登校は続いていくのが現状です。

不登校にどう向き合うのか?

不登校の原因の追求に時間とエネルギーを費やしても、問題の軽減にも、ましてや解決には結びつきません。それは、原因は一つではなく次々と子どもたちのこころの中や取り巻く環境の中に起こっているからにほかなりません。

むしろ現在の状況の認識から出発し、その状況にどう向き合うのかを一緒に考えたいと思います。不登校で一番苦しんでいるのは子ども自身であり、そしてご家族です。登校することよりも先ず、その苦しみから解放されることが相談のスタートではないかと考えています。

ページトップへ